ブレイブウェーブより「忍者龍剣伝」シリーズ4作セットでサウンドトラック発売!

本日2017年6月26日、ブレイブウェーブプロダクション株式会社(以下、「ブレイブウェーブ」)から「『忍者龍剣伝』」シリーズ4作のサウンドトラックを発売いたしました。

これらのタイトルは、株式会社コーエーテクモゲームスとファミリーコンピュータ版のサウンドクリエーターの協力のもと、過去最高の音源クオリティと豪華パッケージで、「『忍者龍剣伝』」シリーズの完全なオリジナルサウンドトラックとしてお届けします。

全ての楽曲を最高の音質でお届けするため、ブレイブウェーブのサウンドエンジニアが直接実機からレコーディング、レストアを担当し、スイスのスタジオにてリマスタリングを行いました。またファミリーコンピュータ版『忍者龍剣伝』の作曲を担当し、その後『忍者龍剣伝II 暗黒の邪神剣』、『忍者龍剣伝III黄泉の方舟III』にも関わった山岸継司が総監修として参加。『忍者龍剣伝II暗黒の邪神剣』の作曲家である新田竜一、『忍者龍剣伝III黄泉の方舟』の作曲家の半井香織もそれぞれ監修として参加しています。

アナログ盤とCDは華麗なディスクジャケットとブックレットを用意し、コンセプトアート、作曲家陣やその他関係クリエーターのインタビュー、ゲーム音楽評論家Ray Barnholtによる解説も収録されています。また、デジタル盤でもお買い求めいただけます。

下記のタイトルのサウンドを収録しています。

  • 忍者龍剣伝(FC・1988年12月8日発売)
  • 忍者龍剣伝(AC・1989年2月発売)
  • 忍者龍剣伝II 暗黒の邪神剣(FC・1990年4月6日発売)
  • 忍者龍剣伝III 黄泉の方舟(FC・1991年6月21日発売)

収録楽曲は、ブレイブウェーブのサイトでご確認いただけます。

商品概要

<デジタル盤>
忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション
発売日    2017年6月26日
フォーマット 配信版(デジタルダウンロード)
希望小売価格 ¥3,200
配信元    iTunes、Amazon MP3、Google Play、Spotify、Apple Music等

<CD盤>
忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション
発売日    2017年6月26日
フォーマット CD
ディスク枚数 2枚
希望小売価格 ¥3,500+税

<アナログ盤>
NINJA GAIDEN THE DEFINITIVE SOUNDTRACK VOL. 1+2 BOX SET
発売予定日   2017年7月末(www.amazon.co.jp限定)
フォーマット  アナログ盤(LP)
ディスク枚数  4枚組の12インチヴァイナル
生産数     50部前後
希望小売価格  ¥12,000+税
日本版限定特典 特別カバー、『忍者龍剣伝』開発当時の設定資料

  • アナログ盤は、海外向けの商品で、日本へ輸入したものです。
  • 紙ブックレットの内容は英語のみとなりますが、付属のダウンロード版には日本語の電子ブックレットも同梱されます。

※2016年11月の本作発表時には、『忍者龍剣伝』4作のサウンドトラックをVol. 1とVol. 2に分けて発売すると発表いたしましたが、日本版では1セットに変更となりました。

『忍者龍剣伝』『NINJA RYUKENDEN』『忍者外伝』『NINJA外伝』『NINJA GAIDEN』はコーエーテクモゲームスの商標です。All rights reserved. 収録楽曲は、各監修者がテクモ株式会社に在籍していた期間に、業務著作として作曲したものです。©KOEI TECMO GAMES CO., LTD. All rights reserved. Licensed for use by BRAVE WAVE PRODUCTIONS. ファミリーコンピュータ・FAMILY COMPUTERは任天堂の商標です。

GENERATION SERIESについて 
GENERATION SERIESはブレイブウェーブプロダクション株式会社のMohammed TaherとMarco Guardiaの監修による特別サブレーベルです。レトロゲームサウンドトラックの音源をリマスターして品質の向上をはかり、デジタル配信、CD、アナログレコード盤でお届けします。第一弾として、2015年に北米と欧州で「STREET FIGHTER II THE DEFINITIVE SOUNDTRACK」、2016年11月に「ショベルナイト オリジナルサウンドトラック」を発売いたしました。

山岸継司 略歴
ブレイブウェーブレーベルの創立メンバー。ビデオゲーム、その他の作曲を1987年より始める。テクモ、コーエーを経て独立、カジヤミュージックを設立する。主な担当作品は忍者龍剣伝、テクモスーパーボウル、キャプテン翼II、三國無双、鬼武者タクティクス、Exile's Endなど。自身初のソロアルバム「Retro-Active Pt. 1」を2015年に、続けて「Retro-Active Pt. 2」を2016年に発売。彼独特のチップチューンサウンドをモダンミュージックに融合、好評を博する。現在、ブレイブウェーブGENERATION SERIES「忍者龍剣伝I・II・III」のオリジナルサウンドトラック盤をコーエーテクモゲームスの協力のもと、制作に取り組んでいる。